代表挨拶

 プロフィール

[名前] 中野 禮三(ナカノレイゾウ)1948.01.01生
    平成29年4月、社会福祉法人一葉会福祉事業団の「理事」に就任
[業界略歴]
    1979 整体業見習い
     1984 浜松カイロ 創業
    1986 呉竹鍼灸専門学校、マッサージ科卒
    1995 純金杖療法本部 併設
    2006 サイト理論 開発
    2008 日本サイト研究会 と改名
    2014 サイト理論研究所 と改名
    2016 腰の駅総本部 併設
[商標登録]
    「サイト理論」 「腰の駅」 「純金杖 満願美顔療法」 
    「現代心観法心のみかた」

[著書] サイト理論 悩みは自分で解決できる!
 
皆さまこんにちは!
本日はお越しくださいまして心より感謝申し上げます。

早速ですが私は「サイト理論」を授かるそれまでに、約20数年間で延5万人近くの施術経験を持ちながら毎日頭を痛め続けておりました。
(以後40年間で約8万に及びました)

何を習得しても工夫しても新たに遭遇する患者様の症状はそれを上回るばかりで、疲れ切っていたのです。
一体いつまで続ければ良いのか?
何かたった一つで間に合うものは無いのだろうか?と。

以前から「病は気から」の意味も知りたいと考えており、「いっそ修行でもしよう!」と心が傾き、すると偶然にもそのチャンスをいただいたのです。
(この事が「意識が現実を創造する!」と言う第一歩の様に思いました)

修行は最初こそ教えていただきましたがその後は一人で赴き、何時の間にか大自然の仕組みや偉大さに畏怖し平伏せざるを得なく、挙句に何となく全てを委ねる気持ちになって行ったのです。
(ここでの神秘体験は「サイト理論ストーリー」の中で少しお話しさせていただき
 ます!)
すると本当に幸運な事にどこからともなく「サイト理論」を授かったのですが、それが「人に起こるあらゆる現象は記憶からの再生である」と言うもので、考えてもみない事だったのでとてもビックリしました。
更に「記憶」とは遺伝子も含めもっともっと大きな装置だと教えられました。(最近の科学研究テーマとしても考えられ始めております)

そうしながら少しずつ紐解いて参りますと、その一つに「人の問題の完全解決法」があり、その定義はこれまた驚く事に「誰一人として傷つかず 未来永劫に渡り 最善で 最良の結末を迎える」と言う常識離れしたものでしたので、最初はそんなバカげた話はあろうはずもないと思ったのです。

しかしある時私は唯一そこに通じる例外のある事に気付きました。

なんと「問題や悩み」は頭脳を駆使し考え詰めるより逆に手放す方がずっと良い結論が出ると言う事実で、実際 偉業を成す科学者や芸術家達にその瞬間を見る事が出来るのです。

この続きは「サイト理論の要旨」に譲るとし、結果的には心を無にすると「インスピレーション」と言うものが得られやすくなり、どんな問題もそれにより解決できる!と言うものです。
  (サイト理論における 「インスピレーション」 とは、皆様が思われる
  「ひらめ きや直感」とは少し違うものです。)

「サイト理論」はこの様な「気付き」から始まり、自然界の無限の知恵からの協力・援助により人類史上初めての論理と技術を生み出す事が出来たのです。

さあ!あなたも「記憶」から再生された一人です。

記憶に流される人生も良いし、また「インスピレ ーション!」を得て
「記憶」から少しだけ逃れ、世界で初めてのものを創造する!それも良いでしょう。

どちらも選べますが、後者を選択されたならそのプロセスはここに在るのです。